「子どもたちは可愛い!でも、あの職場ではもう働けない。。。」そんな風に考えたことはありませんか?しかも、特定の人物が頭に浮かんでしまうなんてこともあるでしょう。

良好な人間関係が人を幸せにする一方で、人間は人間関係によって悩み、メンタルを病んでしまいます。なぜ、人間関係によってメンタルが病んでしまうのか?その原因をトロント大学の研究をもとに考えてみましょう。

罪悪感が人を悩ます

結論をいうと、「仕事のために人間関係を作ろうとするから、人はメンタルを病んでしまう。」というのです。

研究では、306人を対象に、下心(より良い仕事をもらうため、お金になるから etc…)をもって人間関係を作る場面をイメージしてもらう実験を行いました。

すると、下心をもって人間関係を作ろうとした人と、そうではない人を比べた結果、下心をもった人は2倍もの罪悪感を感じていることがわかりました。自分が何か悪いことをしていると感じ、自己嫌悪に陥ってしまったということです。

罪悪感は仕事のパフォーマンスさえも悪くする

罪悪感をもってしまう結果、職場で人間関係を作るのが面倒になり、仕事のパフォーマンスにも影響を与える人間関係を作ることができないことで、仕事のパフォーマンスが下がってしまいます。

職場で何とかうまくやりたいと思う行動が、逆に仕事がうまくいくのを妨げているというのは皮肉なことですね。

職場で、どんな人間関係を作ればいいのか?

同じ論文では、165人の弁護士も対象に研究しています。

結果として、積極的に人間関係を作った弁護士はお金持ちになり、しかも成功している人ほど、罪悪感を覚えることが少ないことがわかっています。

つまり、仕事をうまくいかせる上で、罪悪感を覚えない人間関係であれば、どんどん広げることが大事です。

同僚や他の職場の人など、正直になんでも言える関係や利害関係のない人間関係を大切にすることで、仕事のパフォーマンスを下げず、メンタルを病んでしまう確率が下がる可能性がありますね。

<参考>The Contaminating Effects of Building Instrumental Ties: How Networking Can Make Us Feel Dirty